数独問題の回答手順解説                  (産経新聞2022年3月20日掲載分)

3月20日に産経新聞に掲載された
数独問題の回答手順を解説しましょう!!

初心者数独の解き方

初級用の数独の解き方は、
 数字の「1」から順番に「9」まで当てはめていけば、ほぼ解けます。

他にも考え方はあるでしょうが、
ここでは「1」~「9」までの数字を
「1」から順番に設定していく方法での解説をさせていただきます。

ただし、この手法は初心者向けの数独問題で適用されるもので
必ずしも万能な手法ではありませんことを
頭の片隅にでも置いておいてください。

解き方手順

では早速、はじめましょう!!!

1.では早速数字の「1」から順番に当てはめてみます。
    「1」はF4にのみ入ります。
    「2」は全て埋まりました。
    「3」は入るところがありません。
    「4」は全て埋まりました。
    「5」はD6・G7に入ります。
    「6」は全て埋まりました。

ここまで、よろしいでしょうか?

2.
 「7」はB4のみに入ります。
 「8」はなく、「9」は全て埋まりましたよ。
 如何ですか?これで一巡しましたね。

3.再度「1」からやってみます。
「1」はA9のみに入ります。
「3」は全て埋まりました。
「5」はC4のみに入ります。
「7」は全て埋まりました。
「8」はD5・E7・F1・G9に入ります。

4.またもや「1」から見直しです。
 「1」はH2・I7に入ります。
 「5」と「8」は全て埋めることが出来ました。

5.またまた「1」から見直しです。
 残ったところが「1」で完成しましたね。

以上で、本日の数独を解くことが出来ました。

後書き

本日の問題も繰り返しが多いですが、それで解くことが出来ました。

いかがでしたか?
初級の数独は全般にさほど難しいものではないとは思いますが、

初めての方にとっては、やり方が分からないものですね!

もう一度、ご自身でチャレンジしてみて下さいね。

お分かりにならない点がありましたら、ご質問ください。
別途解説させていただきます。

では、本日の解説を終わらせて頂きます。

掲載された問題と解答のブログ

なお、今回解説させて頂きました問題と回答は

⇒ 数独問題と回答(産経新聞2022年3月20日掲載分)

を参考にして下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました